映画レビュー

今年レンタルして視聴した作品のレビューです。順番は適当です。思い出した順に書いています。

 

空気人形(2009年 是枝裕和)

ペ・ドゥナがエロい。

東京原発(2004年 山川元)

おふざけっぽいけど意外と真面目な内容。途中でオチに気付く人がいると思う。

月に囚われた男(2009年 ダンカン・ジョーンズ)

ガーティ(作中に登場するロボット)がいいやつ。

アイランド(2005年 マイケル・ベイ)

普通のSFアクション。

ハンガー・ゲーム(2012年 ゲイリー・ロス)

忘れた。

わたしを離さないで(2010年 マーク・ロマネク)

結構面白い。

私の中のあなた(2009年 ニック・カサヴェテス)

原作と映画で結末が違います(原作未読です)。原作のオチの方がタイトルに沿っています。

シャッターアイランド(2010年 マーティン・スコセッシ)

推理しながら観ると面白い。

コンテイジョン(2011年 スティーブン・ソダーバーグ)

CDCや専門家の意見が取り入れられているので結構リアルっぽい。登場人物に人間味がある。

ゲーム(1997年 デヴィッド・フィンチャー)

多分面白かったけど忘れた。

オブリビオン(2013年 ジョセフ・コシンスキー)

ミスティックリバー(2010年 クリント・イーストウッド)

ある意味ハッピーエンドかもしれない。

[リミット](2010年 ロドリゴ・コルテス)

主人公はテロリストに拉致され棺桶に監禁される。つまらなくはないが90分間棺桶の中しか映らないので人と観てはいけない。

クラウドアトラス(2012年 ラナ・ウォシャウスキー/トム・ティクヴァ/アンディ・ウォシャウスキー)

時代を超えて描かれる群像劇。面白い。

ザ・コーヴ(2009年 ルイ・シホヨス)

和歌山県太地町のイルカ漁とそれを妨害する馬鹿の映画。放映当時は話題になったから観てみた。最近クジラ食べてないな。

ブレードランナー(1982年 リドリー・スコット)

デッカードが弱い。

モーターサイクル・ダイアリーズ(2004年 ウォルター・サレス)

遠くに行きたくなります。

TIME/タイム(2011年 アンドリュー・ニコル)

結末すら覚えていない。多分面白いです。

生きてこそ(1993年 フランク・マーシャル)

ウルグアイ空軍機571便遭難事故を題材にした映画。同じ事故を題材にした2007年公開のドキュメンタリー映画が観たかったけど近くのツタヤにおいてありませんでした。

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年 ラース・フォン・トリアー)

オチに救いがないとか言われてますけど僕は嫌いじゃないです。

インセプション(2010年 クリストファー・ノーラン)

かなり面白かった。僕は頭が悪いので1回では全て理解できませんでした。

キッズ・オールライト(2010年 リサ・チョロデンコ)

同性愛を扱った作品ですが、同性愛の部分を除けば普通の家族ものの作品。ババアの濡れ場がキツイ。ツタヤで18禁のシールが貼ってあったので借りるのがなんかアレだった。

ファイト・クラブ(1999年 デヴィッド・フィンチャー)

神。

 

あまり覚えていないので書いていて全く意味がないことが分かった。意見、感想を文字に起こすのが苦手で非常に苦痛なので映画評論家はすごいと思う。映画を観ることで会話の引き出しが増えるかなと思ったけどそういうものじゃないっぽい。

広告を非表示にする